• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

税金のことを知ろう

スーパーやコンビニで商品を購入すると、消費税が発生します。 お酒などもお店で購入できるので一緒だと思う人が多いですが、実はそれに課せられるのは消費税だけではありません。 酒税なども間接税に含まれるので、どのような種類にどのくらいの間接税が追加されるのか知りましょう。 Read More

税金の種類を知ろう

日本で生活を送る時は、税金を必ず支払う決まりになっています。
買い物をした時に税金が発生したり、遺産を受け継いだ時に発生したりする場合もあります。
中には、間接税という名前の税金もあります。
間接税とは、納税者と担税者が違う税金のことを言います。
これだけでは理解できないでしょうから、具体的な例を挙げて説明しましょう。

商品を購入した時は、定価に消費税が追加されます。
最も身近な税金が、消費税ではないでしょうか。
その消費税は、お店に支払っているという認識を持っている人が多いと思います。
ですが、実際は国に税金を納めなくてはいけないので、お店は国の代わりに消費税を受け取っているだけです。
あとからお店側が、きちんと国に納めてくれています。
このように、自分が直接国に税金を支払わず、お店などに任せる時に発生する税金を間接税と呼んでいます。

間接税のシステムが無いと、商品を購入するたびにわざわざ自分で消費税を納めに行かなくてはいけなくなります。
それで手間が発生しますよね。
またたくさんの人が毎日消費税を納めにやってくるので、税務署などが混乱してしまいます。
混乱に乗じて、決められた税金の数を減らそうと不正を働く人たちも出てきます。
そうなったら対応するのが大変ですよね。
大きなトラブルを起こさないようにするために、間接税という税金を作りました。
現在快適にショッピングを楽しめるのは、間接税があるおかげだと言っても良いですね。

施設を使う時に発生する

何かの施設を使った時に、税金が発生することはあります。 利用料金を支払った時に、税金も同時に支払っています。 それも間接税に含まれます。 どのような施設を使った時に間接税がかかるのか調べてみましょう。 すると、普段から好んで使っている施設にかかっていることに気づくことがあります。 Read More

自動車に関する税金を知ろう

自動車を保有していれば、どこでも好きなところに行けるので便利です。 ですが、たくさんの税金が発生することを知っていましたか。 自動車に関する税金だけでもいくつかあるので、全て知っていないと正しい金額を支払えなくなります。 それが原因で、トラブルが起こらないようにしましょう。 Read More