税金のことを知ろう

お酒を購入しよう

アルコールを飲むことが好きな人は、スーパーでいつも購入していると思います。
その時は消費税の他に、酒税という間接税が追加されていることを知っていましたか。
お酒の種類はいろいろありますが、全部が同じ金額ではありません。
中には安い酒税のものもありますし、高額な酒税が付けられている商品もあります。
インターネットなどを使って調べると、どの酒にどのくらいの酒税がかけられているのか把握できます。

これまで自分が飲んでいたお酒が、たくさんの酒税が発生するものだと分かれば購入する気持ちが失せると思います。
お酒の種類を変更するだけでも、節約に繋がるかもしれません。
積極的に酒税のことを調べて、最も良い商品を選択しましょう。

タバコに間接税がある

タバコを購入する時は、国や都道府県にタバコ税を支払う決まりになっています。
ですがわざわざ自分で税務署に行って支払うのは面倒ですよね。
年に1回しか購入しないぐらいの頻度ならそれでもいいですが、タバコを吸う人はほとんど毎日購入していると思います。
毎日税務署に行って税金を支払うことは辛いので、ここでも関節税が役に立ちます。

タバコをお店で購入する時に、商品の代金と一緒にたばこ税も支払う仕組みになります。
あとはお店が国や都道府県にタバコ税を納めてくれるので、自分は何もすることがありません。
税金は値上げするので、タバコ本体の価格に変わりがなくてもタバコ税が高額になれば、結果的に販売価格がこれまでよりも高くなります。