施設を使う時に発生する

温泉には税金が発生する

温泉に入ると、身体の疲れを癒すことができたり嫌なことも忘れたりできるので、ストレス解消に大きな効果を発揮してくれます。
近くに良い温泉がある人は週末の休みになると毎回出かけているかもしれませんね。

ですが温泉に入る時は、税金を支払わなければいけません。
この場合は国に支払うのではなく、市町村に支払います。
温泉施設に税金を支払っているので、間接税になります。
温泉は好きだけれど、入浴する時の金額が少し高いことに悩んでいた人もいるでしょう。
温泉の入浴料金が高額なのは、税金の分がプラスされているからです。
その事実を把握すれば、納得できますね。
しかし温泉の税金はそこまで高くはないので、今後も活用できると思います。

ゴルフ場に行こう

ゴルフが趣味だという人は、ゴルフ場に行ってプレイする人がほとんどでしょう。
自宅でも庭があれば練習することはできますが、スペースが狭いので本格的な練習ができません。
上達したいなら、やはり広いところに行って思い切り球を飛ばすことが大切です。
利用する時に税金が発生して、都道府県に支払う仕組みになっています。

税金と聞くと、国に支払うというイメージを持っている人が多いと思います。
ですが都道府県や市町村など、税金を徴収しているところはたくさんあります。
間接税を支払う時は、お店や施設に支払えば良いのでどこが徴収しているのかまで知らなくてもトラブルになることはありません。
ですが自分が支払った分がどこに収められるのか知っていても良いでしょう。