自動車に関する税金を知ろう

ガソリンの税金

ほとんどの自動車は、ガソリンを使って動いています。
無くなったらガソリンスタンドに行って給油しなければいけません。
ガソリンにも税金が発生しているので納めないといけませんが、ガソリンスタンドが請け負ってくれるので楽です。
間接的にガソリンの税金を支払うという仕組みになりますね。

車を毎日運転する人は、それだけガソリンの消耗も激しくなります。
それでもガソリンスタンドにお金を支払えば一気に片付くので大きな負担にはなりません。
ガソリンを節約しながら運転することで、ガソリン代と税金の2つを削減することができます。
費用削減を心がけている人は、徒歩や自転車で行ける距離の場合はそちらを使うのも良い対策になるでしょう。

変わらないガソリン税

他の種類の税金は、たくさんお金を持っている人は多く支払って、お金が少ない人はそれに伴って税金の額が減る仕組みになるものが多いです。
ですが、間接税は誰でも同じ額を支払います。
それを公平だという人もいれば、不公平だという人もいます。

いつもたくさんの給料をもらっている人は、間接税を支払うことなんて容易いかもしれません。
ですが給料の少ない人は、所得の多い人と同じ金額の間接税を支払うと負担に感じてしまう可能性があります。
ですから本当に間接税は一定で良いのか、議論されている段階です。
お金に関係することなので、そう簡単に答えを導き出すことはできませんし法律を変えることも難しいです。
今後の政府の方向性に注目ですね。